ボクとボブ第16弾♪

美容室で普通にできるヘアスタイルをご紹介をするコーナーです。
重要:ギザギザのスキバサミは使わないので枝毛はできません。】
{(略)ボブという概念は肩~アゴ位の長さのヘアスタイルの意味}
長さを順番にすると【ロング>ミディアム>ボブ>ショートボブ>ショート

さぁ~~~いよいよパーマ全開の季節だぁ~~~~。
お客様のIちゃん。第5弾のKちゃんのオネエちゃま。

いい感じの雰囲気を持っているご姉妹。

だがっ!オネエちゃまも庄司のモルモットじゃ~~。(本当にごめんなさい。汗)

庄司の詐欺的な口説きでやっとパーマを信用してくれて
外人さんのクセ毛風にかけるからね!!ってことで
c0109726_2029507.jpg


イメージだけは消臭
の男の子のような質感って言ったけど、ネットで調べたら
そんなっていうかカールがなかった。爆爆爆

全体をわざと重めにカットをしてパーマで積み重ねる!!!

仕上がりのカール感だけをイメージして逆算方式のカット。
重いのに軽い。軽くするのに重く切る。

c0109726_20323143.jpg


軽く見えるのはパーマとパーマが重なり合ってできた隙間があるから。

本物の外人風クセ毛に見せるため必要な場所以外は髪を梳いて(毛量を減らす)いない。
手で触ったときに潤っていて瑞々しい。
とれたての果実のような質感へ(なんじゃそれ~~)

c0109726_2037574.jpg

サイドの質感もしっかりどこからがパーマでどこからが地毛かが
わからんでっしゃろ~~。
写真がうまくとれて安心してます。オレ。

c0109726_20395466.jpg


パーマをかける時にダメージの原因を必要最低限にしたぶん
長持ちしてし瑞々しい。

空気感(パーマの軽やかさ) と 水分量(髪の毛の瑞々しさ) は反比例しやすい。
どっちかをとるとどっちかが駄目。

そこにはカットというキーワードがまるで水と油を混ぜ合わる潤滑油の
ように働かせることが大事なんだぁ。

パーマの方法やら薬剤やらトリートメントやらでウンチクを言っている
美容室が本当に増えたし多い今の時代です。

自分もカットでうんちくたれてます。爆笑

おねえちゃまどうもありがとう!
[PR]
by yes-style | 2012-03-30 20:55 | ボブとボク。 | Comments(0)

おいしいもの、たのしいもの、きれいなもの、わくわくするものを紹介


by yes-style
プロフィールを見る
画像一覧